美容のために質がいい睡眠をとる

subpage01

美容と睡眠は深い関係があります。
睡眠時間が短かったり、質が悪いいと肌の細胞の修復や再生が遅れます。
ターンオーバーが乱れて、肌荒れや吹き出物の症状があらわれます。
眠っているときに、分泌されるのが成長ホルモンです。

成長ホルモンは、新しい細胞を促進して、紫外線のダメージから肌を修復してくれる働きがあります。眠り始めて30分後に、多く分泌されます。
午後10時から深夜の2時までが、分泌されやすいです。

質がいい眠りができていれば、新陳代謝が活性化して血行をがよくなり肌の老廃物を外に排出できます。

肌のトラブル、たるみ、シミやシワを防止することができます。
美容のために質のいい睡眠をとるには、生活習慣の見直しが必要です。


夜になると、メラトニンが多くなり自然に眠くなります。体内時計を正常にするためには、朝起きて太陽の光を取り入れましょう。

4meee!情報の理解したいならこちらのサイトです。

寝る直前に食事をすると、消化に時間がかかるので眠りにくいことがあります。



夕食は、眠る3時間前には食べておきましょう。
寝る前のドリンクは、カフェインを避けましょう。寝る前のマサージは、安眠に効果があります。


腕や脚をもんでいると、ぽかぽかと暖かくなりリラックスします。

美容ためには、リラックスして自律神経を安定させておきましょう。

マッサージは、副交感神経が優位になり心が落ち着きます。

人には聞けない珍しい頭皮を柔らかくする方法に関するお役立ち情報コーナーです。

好きな香りのアロマクリームを使うと、いい気分になれます。テレビやパソコンは避けて、本を読むようにしたほうが眠りやすくなります。